トルコ・オールドキリムとトルコ雑貨
CUBE STATION MARUYAMA

011-206-0327営業時間11:00~18:00(日曜日定休日)

お店紹介~女社長がトルコにハマッタわけ

ディスプレイデザイン会社の女社長がトルコにハマった理由

きっかけは、お一人様参加のトルコツアー!「インドより刺激的かも」

初めのトルコはとにかくエキサイティング!

イスタンブールは地元の人も観光客も、とにかく人と熱気であふれています。坂道と石畳の街を迷子になりながらも迷宮へ足を踏み入れた感じで散策(ほんとに街が迷宮のよう!)。親切な地元の人達に助けられ、トルコ語全くダメ、英語はカタコトのわたしでも買いものも観光も楽しめちゃうトルコ!

これまでインドに夢中だった私ですが、東洋と西洋が入り交じった超エキゾチックなトルコの魅力にやられてしまいました。

あれ!?本業は?トルコ雑貨に魅せられてショップ開店!

トルコで一目惚れしたのが、とにかくカラフルでかわいいものばかりの雑貨たち!

最初は自分のために…と思っていたはずが、自分だけで楽しむのはあまりにもったいない!もっとみんなに知ってもらいたい!との思いにかられ、情熱と勢いでショップを開店しちゃいました。

まずは女の子らしいアクセサリーやスカーフなど、私が好きなものばかりを集め、全く手探り状態で(汗)。最近では、買い付けと称して、年に2回一人でトルコに飛ぶのが楽しみ!モスク観光やエステ、気球ツアーなどトルコを満喫している私を見て友達からは「本当に買い付けしているの~?」という声も(笑)。

「オネエサン、オチャシマセンカ?」ナンパ先でなぜか高級オールドキリムを仕入れ!

ナンパは無視して足早に通り過ぎると…その彼は追いかけてきます。しつこいな…と思っていると、急に流ちょうな日本語で「すぐそこに私のキリムのお店がありますから、見てみませんか?」と。

キリムには全く興味がなかった私ですが、見るだけなら…。
ところが何百枚も見ているうちに、すっかりその魅力にハマってしまいました!

正直キリムの相場など全く分かりませんでしたが、手作業で作られしかも同じ柄はほぼないという、世の中に1点しかない物ばかりです。私の感性と価値観で選んだものばかりです。

日本に戻ってきて、送られてきたキリムの梱包をほどきながら改めて「良いじゃ~ん!」と一人でニンマリ♥

CUBE STATION MARUYAMAのご紹介

CUBE STATION MARUYAMAは、店長の岡田妃とみが、トルコで出会ったカラフルで個性的な雑貨たちに恋をし、日本にぜひ紹介したいという想いで開いたショップです。取り扱う商品は、トルコで一点一点吟味し、直接買い付けた商品ばかりです。 一人で運営しているショップなので、買い付けでトルコに行くときにやリサーチで出張の時など、お休みになることもあること、ご了解ください。ブログではリアルタイムなトルコ情報をお届けします。

PAGE TOP